宿便があると腹痛や吐き気などの症状やガスが出る原因

宿便から腹痛・吐き気・ガスが出るなどの症状が出る原因

宿便 腹痛

 

宿便が溜まってくると腹痛吐き気といった症状が出ることがあるのですがこれらの原因についてご説明します。

 

宿便から腹痛がでる原因

宿便 腹痛

宿便が溜まっているということは便で腸内を圧迫していることが考えられます。

 

この時に腹痛症状が出てきます。

 

さらに溜まった便を出そうと腸の動きが活発になります。

 

腸の動きが活発になると腹痛が起こります。

 

宿便からくる腹痛は便による圧迫や腸の活発な動きからくるものなのです。

宿便から吐き気が出る原因

宿便 腹痛

 

宿便が溜まると吐き気がすることがあります。

 

腸内に溜まった便のせいで嘔気が誘発されるのです。

 

これは腸に溜まった便を下から出したいけど出せないときに出る反応で宿便の改善をすることで吐き気は収まります。

 

吐き気が出たときに排便すると収まるのはこれのためです。

 

宿便からガスが多く出る原因

宿便 腹痛

宿便が溜まるということは腸内環境が悪いということです。

 

便はたくさんの食べかすや古い細胞や腸内にいる細菌です。

 

腸内にいる細菌はガスを放出しますがたくさんの便が溜まっているとたくさんの細菌がガスを出すので腸内はガスが充満しおならもたくさん出ます。

 

宿便は腹痛や吐き気、おならが多くなる原因になります。

 

これらの症状を出さないためには常日頃から宿便を腸内にため込まないようにしましょう。

 

他のページで宿便を出す方法を紹介していますので参考にしてください。

 

理想の排便は毎日ですが、便秘の人は毎日の排便は難しいと思います。

 

ですが3日以上排便がない時は下剤や漢方、サプリメントなどを用いて排便するように心がけましょう。

 

>>宿便を出してくれる漢方薬はこちら

 

>>宿便を足てくれるサプリメントはこちら